事例紹介

事例8 家族の信託 (民事信託)

高齢になり、娘に財産管理(お金・自宅・賃貸アパート)を任せたいと思っています。
私は自分に介護が必要になったら、施設に入居したいと希望しており、自宅の空き家対策・賃貸アパートの管理が滞らないように対策を立てておきたいと思っています。
解決方法
「家族の信託」とは信託会社や信託銀行ではなく、ご家族や身近な方に財産を託す信託です。信託契約によりお金やその他資産の使い方が決まっているので、託す人(委託者)、託される人(受託者)、利益を受ける人(受益者)、その周りの方々も安心して始められます。メリットは費用を抑えることが出来る点です。問題点は、生身の人間が受託者となるため、継続した管理を行えるかどうかですが、「商事信託転換機能」で補強したり、受託者の行う事務手続きを当社が代わって受託する「事務受託」を活用したりすることも可能です。
①民事信託コンサルティング
民事信託コンサルティングでは、信託を専門に取り扱う当社が、それぞれのご家族のご要望に応じた、よりよい「家族の信託」の活用方法をきめ細かくアドバイスします。
②商事信託転換機能付民事信託
受託者を信託会社等とすることで「家族の信託」から「商事信託」への転換機能を持たせることもできます。
こんな人にもおすすめです
<<財産の管理>>
・認知症対策や振込め詐欺対策をしたい方
・物忘れがひどくなってきたので、財産の管理を家族にしてもらいたい方
・障がいを持つ子のために、財産管理をしてもらいたい方
<<相続対策>>
・財産の分散を防ぎたい方
・財産を引き継ぐ順番を決めておきたい方
・不動産が複雑な持分の状態になるのを回避したい方
<<事業承継>>
・経営権対策、遺留分対策をしておきたい方
・後継者に不測の事態が起きたときの対策をしておきたい方
信託活用のすすめ ~資産を守るために~ まずはクリック
事例紹介
お問い合わせ・資料請求
ほがらか信託株式会社
〒102-0083
東京都千代田区麹町4-8
麹町クリスタルシティ9階
TEL:03-3511-5695
FAX:03-3511-5696
Copyright(c) ほがらか信託. All rights reserved.